2017/07/03 17:00

【顔にネイルを添えて撮るときに注意したいこと】SNSに投稿するときは要注意!?

【顔にネイルを添えて撮るときに注意したいこと】SNSに投稿するときは要注意!?

SNSやスマートフォン・デジカメなどの普及によって、外出先や自撮りなどで写真を撮ってSNSやブログなどに、投稿する女性が増えていますね。そんな中、お気に入りの新しいネイルを顔の近くに添えたポーズで、写真を撮ることも結構あると思います。主に口元や目元の辺りに、ネイルを添えて撮ることが多いのではないでしょうか?今回は、ネイルを顔に添えて写真を撮るときに注意したいポイントや、要注意のデザインなどとあわせて解説します。

なんかこの写真のネイル、いまいち・・・

 (545450)

via itnail.jp
ネイル単体の写真なら特に何も気にしなくていいのですが、顔にネイルを添えて写真を撮る場合、気をつけたいポイントがいくつかあります。
ネイルのデザインによっては、顔のそばにいっしょに写っているとネイルだけが悪目立ちして、せっかくのネイルがいまいちに見えてしまうことだってあるんです。
顔にメイクなどをしているときは特に、メイクのカラーと合わさることで、ネイルだけが浮いて見えることも。
 (545614)

via itnail.jp

「顔の近くに添えないほうがいいかも?」なデザイン

●盛りネイル

キラキラかわいいストーンを盛ったネイルですが、写真との相性は悪い事が多く、顔の近くに添える場合は要注意。
特に、大きめのストーンをたくさん盛っているネイルは大きく光を放つことがあります。
日光や照明・フラッシュなどで光ると、顔の写りを悪くすることがあります。
Fiona

Fiona

via itnail.jp

●ネオンカラー・ビビッドカラー

派手で目立ちやすいネオンカラー(蛍光色)のネイルは、ライブに出かける時やイベントなどのときは特に人気のあるネイルです。
元気な雰囲気が季節にぴったりで、夏場にも増えてくるデザインでもあります。
しかし、ネオンカラーは写真に写ると悪目立ちしやすい傾向にあります。
写真を撮る機会の多いライブやイベントなどでしていくときは、思わぬ発色に注意してくださいね。
H&S

H&S

via itnail.jp

●痛ネイル

人気アニメのキャラクターなどを描いて楽しむ、「痛ネイル」。
独特の楽しさや個性のあるデザインですが、顔の近くで写ると悪目立ちしやすいデザインです。
特にキャラクターの顔が描かれているデザインの場合は、顔の近くに添えて撮ると不気味な雰囲気になりやすいです。
nail salon Petal

nail salon Petal

via itnail.jp

ネイルが悪目立ちしないようにするには?

●アートは1本だけのアクセントにとどめる

ピースをしたときに写真にいっしょに写りやすい指に、上記のような悪目立ちしやすいアートを入れないようにしましょう。
どうしてもアートを入れたいときは、写真に写ることが少ない薬指や親指の爪がおすすめ。
これらの指の爪であれば、パーツを取り入れたり、思い切り好きなアートをしても大丈夫です。

写真を撮るのとは別に、アートを一本に留めることで派手になり過ぎずに済むというメリットもあります。
MeVius nail (名古屋)

MeVius nail (名古屋)

via itnail.jp

●ナチュラル・シンプル系を選ぶ

最初から、悪目立ちしやすいデザインを避けるというもっとも無難な方法です。
写真を撮ることが予想されるときは、フレンチネイルなどのシンプル系やナチュラル系を選ぶことで、
目立つのを気にしなくて済みます。
写真との相性も考えて選びたいネイルデザイン。
悪目立ちしやすいデザインのときは、顔の近くにネイルが写らないようにポーズなどに気をつけるといいでしょう。

Itnail編集部

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >