2017/06/11 13:00

【爪が黄ばむ原因&予防法】ネイルアートも原因ってホント?

【爪が黄ばむ原因&予防法】ネイルアートも原因ってホント?

マニキュアを塗ろうとしたら、またはマニキュアをオフしたらなんだか爪が黄色っぽい!そんな体験をしたことはありませんか?個人差で元々爪が黄色っぽい人もいますが、普段のネイルや生活などによって爪が黄色っぽくなることがあります。通常、健康な爪はきれいなピンク色になっています。しかしいくつかの原因で、だんだんと爪が黄色っぽくなってしまうことがあるんです。今回は、爪が黄色っぽくなる原因や、簡単な対処法について解説します。

爪が黄色っぽい原因

 (542687)

via itnail.jp

●マニキュアの色素

色つきのマニキュアには色素が入っていて、爪に多く残ることで爪が変色することがあります。
ベースコートを塗らずに色素が付着して変色するのが、爪が黄色い人にとくに多いパターンです。

●古いマニキュア

古いマニキュアをひんぱんに使っていると、爪が黄ばみやすくなります。
メーカーなどにもよりますが、3年以上経ったものはむやみに使わないようにしましょう。
 (542684)

via itnail.jp

●アセトン(除光液)

除光液の中にはアセトンという強い成分が入っていることが多いです。
何度も徐光液を使うことで、爪が変色することがあります。

●紫外線

紫外線を多く受けると、爪が変色しやすくなります。
サンダルなどを履く夏場の場合は、足の爪も紫外線の影響を受けやすくなります。
 (542688)

via itnail.jp

●タバコ

タバコを吸う人は吸わない人に比べて、ヤニなどによって爪が黄色っぽくなりやすいです。
特に手の爪はタバコの煙や成分に触れやすく、黄ばむ原因となります。

爪が黄色いと困ること

 (542618)

via itnail.jp
ネイルや爪に関するお悩みの中でも、「爪の黄ばみや変色」は意外と多い悩みです。
爪が黄ばんでいると、ネイルをしても発色が悪くなったり、ネイルをしないときは汚く見えてしまったりなど……清潔感もガタ落ちです。
特にクリアカラーのネイルをしづらくなるので、自然とテンションも下がりますね。

しかし、日常のちょっとしたことに注意することで、爪が黄ばんでしまうのを防ぐことができます。

爪が変色しない対処&予防法

 (542685)

via itnail.jp

●ベースコートを必ず塗る

マニキュアを日常的に使っている人には必須の対策です。
色素から自爪を守ってくれます。
できれば、化学物質の少ないオーガニックのベースコートを使用しましょう。
また衝撃や紫外線から守るために、トップコートもしっかり塗りましょう。

●除光液の使用頻度を減らす

なるべくネイルが長持ちするように対策して、頻繁に除光液を使用しないようにしましょう。
逆にオフを長期間しないままネイルを放置すると、これも爪が黄ばむ原因となるので注意しましょう。
 (542689)

via itnail.jp

●UVカットのネイル用品を使う

紫外線が原因の場合は特に有効です。
UVカット効果のある、トップコートなどがあります。
ネイルをしないときにも足や手の爪に塗っておくといいでしょう。

●ティーツリーオイルを使う

爪や甘皮に塗ることで、爪の黄ばみを改善したり予防したりできます。
また殺菌効果もあるので、感染症などを予防することが可能です。
 (542686)

via itnail.jp

●レモン汁を使う

レモン汁にしばらく爪を浸けることで、レモンに含まれるクエン酸が爪の色を健康的に戻してくれます。
もっとも大事なのはベースコートを塗ることです。
また爪の乾燥などにも気をつけて、健康的な色の爪を保ってくださいね。

Itnail編集部

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >