2018/07/23 13:00

定番のべっ甲ネイルに飽きたら▷乳白色のベールをかぶせてみて♡

定番のべっ甲ネイルに飽きたら▷乳白色のベールをかぶせてみて♡

べっ甲ネイルといえば、黄色や茶色の透け感があるカラーリングが定番ですよね!でも、そんなべっ甲ネイルが何だか似合わない…定番には飽きたという人も多いはず。それなら、乳白色のベールをかぶせた白べっ甲ネイルにチャレンジしませんか?ちょっと違ったべっ甲ネイルの虜になる事、間違いなしです。

基本のべっ甲ネイルをカラーチェンジしてみよう!

Laughin’Nail (三重・松阪)

Laughin’Nail (三重・松阪)

via itnail.jp
べっ甲ネイルといえば透き通った赤みのある黄色に、茶褐色のブチ模様のような柄が入ったものが一般的ですよね!

とても美しいべっ甲のカラーリング。しかし、黄色と茶色は手肌に近い色でもある事から、色合いをきちんと調整してあげないと不自然に手元からネイルが浮いてしまったり、くすみを感じやすくなってしまいます。

そんなべっ甲ネイルのカラーリングを、誰でも似合いやすいいつもと違ったものに変えてみませんか?乳白色のベールをかぶったような白ベースのべっ甲ネイルにしてあげれば、見え方も新鮮なだけではなく、比較的どんな手肌にも馴染みやすいべっ甲ネイルに出来ちゃいますよ!
Slow (埼玉県伊奈町)

Slow (埼玉県伊奈町)

via itnail.jp

作り方はとても簡単!ポイントは茶色の色合い

JunoQuartz×grace

JunoQuartz×grace

via itnail.jp
用意するカラージェルは基本的に2色だけ!ベースとなるホワイトとべっ甲のブチ模様を描くための茶色を準備しましょう。

ホワイトはオフホワイトではなく乳白色タイプのものを選びましょう。そうする事で、ベースカラーとして肌馴染みを良くしてくれるだけではなく、何層か重なったべっ甲の模様を絶妙に表現しやすくなります。

ブチ模様に使う茶色も普通の単色を選ぶのではなく、少し赤みや茶色みのあるくすみがかった黒のようなイメージで色を選ぶといいでしょう。

いつものべっ甲ネイルに使うような茶褐色は、デザインが浮く原因になるので避けてるのがベター。もし使うのであれば、ブチ模様部分に何色か使うとしっかりと馴染んでくれます。

ペイントはタイダイの要領でホワイトと茶色を混ぜ合わせていきましょう。ブチ模様は境界線がしっかりと残るようなものでも、境界線をぼかしたものでもかまいません。仕上げたいニュアンスに応じて変えていきましょう。
Nail Anvie (滋賀)

Nail Anvie (滋賀)

via itnail.jp

今までのべっ甲ネイルにはない見た目がクセになる

IRISÉE (大阪・淀屋橋)

IRISÉE (大阪・淀屋橋)

via itnail.jp
今までの定番べっ甲ネイルはネイルデザインとしてもとても濃厚で、一度デザインを施すとどれだけそのデザインが気に入っていても、次回も繰り返し楽しみたいと思えるデザインではなかったかもしれません。

それだけ黄みがかったデザイン特有の飽きやすいデザインという印象を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、この乳白色ベールのかかった白べっ甲ネイルはそんな方にも新鮮な気持ちで楽しんでいただけるデザインではないでしょうか。

ネイル10本全てをべっ甲ネイルにしてもいいですし、毎回ワンポイントで取り入れてもいいかもしれませんね♪
あなたなりのアレンジで楽しんでみてください。

Itnail編集部

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >