2017/09/17 12:00

“厚手の安い黒色”はNG!?差がつく「タイツの選び方」

秋はおしゃれ本番! おしゃれな人は、小物で差をつける技が上手です。今秋のスタイリングは「タイツ」にこだわって選んでみませんか?

「ボトムと靴を何色のタイツでつなぐか」は、重要なポイントです。

■差がつくタイツの選び方

(1)値段と満足度が比例

思い切って、普段は買わないインポート製を選んでみましょう。
伊勢丹新宿本店の靴下売り場の品揃えは充実していますので、見て、触ってみるだけでもセンスアップになるでしょう。
発色が美しく、履き心地も極上なインポート製は、お値段も極上ですが、履いたときに遠くから見える脚の美しさが違います。陰影が出るように編み方が工夫されていて、脚を細く見せる効果があるのです。
着こなしに差がつく極上の一足を選んでみましょう。「フォーガル」「ピエールマントゥ」「ウォルフォード」がおすすめの3大ブランドです。

(2)黒ばかり選んではNG

「タイツは何にでも合う黒」「黒なら失敗がない」と、黒ばかり選んでしまう方も多いと思います。しかし、「何にでも合う」ということは「平凡」ということになってしまい、着こなしに差がつきません。
いつものコーディネートに履く黒のタイツを、ネイビーやダークグレーに変えてみるだけで、新鮮な印象になります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >