2017/06/01 11:55

体にぴったりのオーダースーツを手軽に低価格で 新発想の「Minimal Order」が実現

体にぴったりのオーダースーツを手軽に低価格で 新発想の「Minimal Order」が実現

 「うちのダンナはスーツが似合わなくて」「既製服のスーツってどうも俺には合わないんだよなぁ」・・・。そんな悩みをお持ちの人に耳寄りのニュースだ。オーダー紳士服のオンリー(京都市)が6月1日(木)発売した「Minimal Order(ミニマルオーダー)」は、これまでにないシンプル発想のオーダースーツ。体型にぴったりのスーツを手軽に自分のものにできる驚きのシステムだ。

sub10 「オーダーなんてめんどくさそう」「相当お高いんでしょ~?」・・・そんな声も聞こえてきそうだが、「Minimal Order」はオーダースーツ特有のモデル指定や細かいオプション選定の必要がなく、サイズと生地選択、パンツの裾仕上げ指定のみで注文が完結。価格も25,000円(税別)のワンプライスのみだ。

 「そんな値段だと品質が心配」「何でそんなに安いの?」という疑念も浮かぶが、独自の生産方式と販売システムを採用したことが低価格と高品質を両立できた理由のようだ。特に注目したいのは独自の販売方式。注文は専用ウェブサイトでのEC決済のみとし、採寸は東京・大阪・京都・福岡にある「Minimal Order」取扱店舗での「店舗採寸」(事前予約制)と、自宅で動画を見ながら行う「自己採寸」のどちらかで行える。さらに納期は2カ月後のため、在庫コスト、物流コストを低減。生産も最も効率の良いタイミングを選べるので稼働率が改善し生産コストも低減できるという。このEC販売と早期受注システム、そしてミニマルな商品設計が低価格高品質なオーダースーツの秘密というわけだ。

sub1 スーツの着心地を左右する「採寸」は同社のマスターテーラーがイタリアの洋服の考え方を元にシステムを独自開発。生地は100%ウール素材のオリジナル生地が中心で、フォーマルやビジネスに適したものから個性あふれるものまで全32種類から選ぶことができる。縫製は「ONLY」のスーツ作りを支えてきた熟練の仕立職人が提携工場に技術指導。今季一押しの「マンハッタンモデル」を最高の縫製技術で仕立てるという。加えて商品到着後から3カ月間はお直し、返品を保証するというから、アフターサービスもしっかり考慮されている。当初は男性用のみだが、将来的には女性用のオーダースーツも販売していくようだ。

sub7 そしていま、先着2,000人限定で、通常25,000円(税別)のオーダースーツが18,000円(税別)になるキャンペーン(1人1着限り)も実施中。オーダースーツに興味があるという人は、この絶好のチャンスを見逃す手はない。詳しくは「Minimal Order」のウェブサイトで。スーツも「早割」の時代がやってきたかも。













今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >