2017/07/21 12:45

【ド迫力】大相撲・石浦関の「生首&幽霊」柄の着物が粋! ストリートカルチャーに造詣の深い「角界のオシャレ番長」なんだって

【ド迫力】大相撲・石浦関の「生首&幽霊」柄の着物が粋! ストリートカルチャーに造詣の深い「角界のオシャレ番長」なんだって

力士のみなさんが着用している着物はどれも個性豊か。化粧まわし同様、つい注目してしまうわたしですが、石浦関が最近披露した着物のインパクトの大きさはずば抜けてるっ! 背中に浮世絵風の幽霊がいるわ、前には生首いるわで、迫力満点なんですよね……!

石浦関の “生首&幽霊着物” は、タトゥースタジオ「GAKKIN-TATTOO」がデザインしたもののよう。黒地の着物の裾前面に描かれているのは、血にまみれた生首。背中にはでかでかと幽霊がプリントされておりまして、血文字で「石浦」の文字が。

ある意味、夏にぴったりの1枚となっております。

【「魔除け」の意味があるらしいです】
一瞬ギョッとしてしまうデザインですが、刺青「彫あい」日本伝統刺青ウェブサイトによると、生首や幽霊の図柄には魔除けの意味があるのだそうです。浮世絵や掛け軸の図柄としても多く書かれているし、刺青デザインとしての人気も高いんですって。

ご本人がインスタグラムで「北斎の幽霊画が好き」とコメントしているのですが、そう聞くと今回のデザインもうなづけますよね。これだけ “強い” 絵柄をカッコよく着こなせる石浦関がカッコイイわ~!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >