2017/09/16 15:00

【どう着こなせば】胴体がスケスケの「袖だけセーター」がカルバン・クラインから登場 / ウソみたいだろ、胴体だけ透けてるんだぜ…

【どう着こなせば】胴体がスケスケの「袖だけセーター」がカルバン・クラインから登場 / ウソみたいだろ、胴体だけ透けてるんだぜ…

9月に入ったと同時に、街のショーウィンドウが秋めいてまいりました。ニットも続々登場しているようですが、着るにはまだ暑いですよねぇ。

でもカルバン・クライン(Calvin Klein)が発表・販売しているセーターならば、今の時期でも着用することができるかも? というのもそのセーター、ニットが使用されているのは腕のみ胴体部分は透け透けのシアー生地となっているので、とっても風通しが良さそうなんです!?

【胴体が透け透けってマジですか】
カルバン・クラインの最高クリエイティブ責任者、ラフ・シモンズさんが手がける「CALVIN KLEIN 205W39NYC」のデビューコレクションとして誕生した“袖だけセーター”の正式名称は、「VARSITY SLEEVE STOCKING TOP」

ニットでできた青と白の袖以外は、名前にあるとおり、肌色ストッキングのように見えます。胴体の両サイドには青いラインが1本入っていて、体に直接線を描いているみたい!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

美的センス抜群の日。流行をとりいれつつ、場にマッチするファ...もっと見る >