2019/04/30 09:45

平成30年間をヘアメイクで振り返る! 同じモデルなのにバブル・ガングロ・モテ系盛りメイクで印象が全然違います

平成30年間をヘアメイクで振り返る! 同じモデルなのにバブル・ガングロ・モテ系盛りメイクで印象が全然違います

本日2019年4月30日は「平成最後の日」。この日記念すべき日にご紹介するのは、資生堂がYouTubeに公開している動画「【1分でわかる】平成ビューティートレンド七変化」です。

モデルになっているのは平成生まれの女性1名

たった1人でバブル、ギャル、ガングロ、盛りメイクなどなど、平成30年間に流行ったメイクを総ざらいしているわけなのですが……。モデルさんが変わっていないということが信じられないくらい、ヘアメイクによって印象が変わるんですよね!

【バブリーメイクからスタート!】
トップバッターを飾るのは、平成元年~5年に流行した「昭和名残のバブルゴージャス」メイク

ワンレンロングのソバージュヘアに、立ち上がった前髪(通称:とさかヘア)。太目の眉にビビットな色味の口もととインパクト強めですが、よく見ると口元以外はナチュラルメイクで、意外なギャップに驚かされます。

【時代の中心は女子大生から女子高生へ】
続く平成6~10年はアムラー全盛期ということで「茶髪・細眉・小顔とギャル文化」、ギャル文化が加速した平成11~15年は「ブロンズ・囲み目・ギャルファッション」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >